中村 獅童



かわいい紹介

歌舞伎役者で祖父は名女形と謳われた三世中村時蔵。叔父は故萬屋錦之介、中村嘉葎雄。
父は東映で映画のプロデューサーを務めた初代獅童。
1983年に「春日局」で松竹社長賞を受賞し、1996年「狐狸狐狸ばなし」おそめ役で歌舞伎座賞を、さらに翌年には「歌舞伎の見方で国立劇場特別賞を受賞、2003年に「義経千本桜」「毛抜」にて初の主演を飾る。
今や名実ともに有数の人気を誇る歌舞伎役者の一人。
歌舞伎役者としてだけでなく、映画やテレビにも出演、その活躍の幅は広い。
映画では、「ピンポン」のドラゴン役で、ブルーリボン賞、ゴールデン・アロー賞、日本アカデミー賞、日本映画批評家協会賞、毎日映画コンクールの各新人賞計5冠を受賞、初出演にして一躍時の人となった。

かわいい出演作品

<テレビドラマ>
・毛利元就 ・木更津キャッツアイ ・恋人はスナイパー EPISODE2
・HR ・世にも奇妙な物語 秋の特別編 ・赤い月 ・新選組!
・丹下左膳 ・天切り松 闇語り ・実録・小野田少尉 遅すぎた帰還

<映画>
・ピンポン ・阿修羅のごとく ・アイデン&ティティ ・ワンピース 呪われた聖剣
・恋人はスナイパー 劇場版 ・赤線 ・いま、会いにゆきます ・隣人13号
・いぬのえいが

かわいいリンク

オフィシャルサイト    公式サイトリンク   ファンサイト

BOOK・DVD      BOOK  DVD

画像・壁紙        googlキャプ  yahooキャプ



いぬのえいが プレミアム・エディション

<紹介>
いぬを主軸にしたエピソードを6人の監督がリレー形式でつづっていく作品。犬を題材にしたアニメやミュージカルもあれば、子供の頃からずっと一緒だった飼い犬を失った哀しみを描く物語、柴犬ポチと空き地で遊んだ思い出をつづった物語など、それこそ様々な物語が紡がれていく。
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。